リーダー・管理職員募集(正社員)

keibi_1

当社ではリーダー・要員管理職員(マネージャー)を募集しています。
まずは下記をご覧ください。
3つのメリットを掲げております。

メリット1.基本給+インセンティブ
メリット2.時間に拘束されない
メリット3.自宅勤務ができる

もし一つでも興味を引くものがあれば、
今すぐご応募ください。

応募フォームはこちら

それでは今回の募集に関して、詳しくご説明いたします。

<募集概要>

■職種
・現場リーダー/マネージャー

■職務内容
<マネージャー(出社不要)>

・勤務管理
・予定管理
・要員管理
・顧客との折衝(月1回から2回)
・品質管理、コスト管理

<現場リーダー>

・警備実務
・勤務管理
・予定管理
・要員管理ほか

■必須条件
・学歴不問
・業界不問
・5名以上のチームでリーダーの経験あり

■この仕事の魅力
・基本給+成果報酬
・時間に拘束されない
・自宅勤務したい方歓迎

■入社日
即日※応相談

■募集背景
案件増大による増員強化

■求める人物像
◆人望が厚い方
◆思いやりがある方
◆仕事に対してシビアに考えている方
◆時間を切り売りするのが嫌いな方
◆マネジメントが好きな方歓迎
◆自分でやるよりも人に教えるのが好きな方
◆自分でやるよりも人を動かすのが好きな方
◆チームスポーツで、自分が目立つよりも味方を活かすプレーが得意な方

上記条件を満たしていなくても、向上心のある方のご応募をお待ちしています。

<就業条件>

■勤務地
東京都(自宅勤務可能)

■就業時間
応相談(原則自由)

■残業
なし

■インセンティブ
成果に応じて支給

■休日出勤
なし

<すべてはあなたのやる気次第>
keibi_3
普通、どんな仕事でも最初は下積みからスタートします。
現場に入り、仕事の仕方を教わり、先輩のやり方を見て仕事を覚えながら成長し、やがて戦力になっていく。
たとえ、マネジメント職で入社しても同じです。

どんな企業でも、まずはその人が本当に求めている人材なのか、
能力に問題はないのか、仕事を続けられそうか。
そういった観点から、「人物」を見ていきます。

結果として、そのまま淘汰される人もいれば、認められ信頼され、やがて本物のリーダーとして職務を得る人もいます。
誰でもいきなり偉くなれるわけではありません。

しかし、当社のシステムはそういった観点からすると少し違います。
実績重視でもありませんし、経験がないからと言って最初から選考外というわけでもありません。
社内でじっくり働きながら、じわじわ実力をつけていくことを求めているわけでもありません。

当社は、完全成果主義です。

<当社のリーダー像>

今、当社が求めるのはリーダーです。
リーダーと言っても、チームを率いて仲間の面倒を最初から最後まで見る、といった役割はあまり求めていません。
当然そういった役割も重要ですが、当社の場合、色々な現場があり、その現場一つ一つに適正な人員を配置していき、効率よく運用していかなくてはなりません。

当社のリーダーに求めている資質は、チームのメンバーの個性と能力を把握し、彼らがもっとも働きやすい場所に導く能力です。
いわばスポーツチームの監督といった役割と似ているかもしれません。
仮に職場でリーダー経験がなかったとしても、自分に自信があり、友達が多い人ならリーダーの素質があります。
体力があるタイプ、気が利くタイプ、さぼりやすいタイプ、頭の切れるタイプ、人から好かれるタイプ。

人間ですから個性は様々です。
そうした個性に合わせた職場に適切に配置できれば、人を送り出している方も、人を受け入れる会社も、現場でその人と一緒に仕事をする人も、本人もハッピーな気持ちで働けます。
ハッピーと意識しないまでも、違和感なく、ストレスなく職務を遂行できるわけです。

このように、現場の個性と働く人の個性を考えて、ミスマッチの起きないように人員配置する仕事。

それがフタバ警備のリーダーに求められる役割です。

<警備の経験は不要です>

当社は警備業ですが、警備の経験がなくても問題ありません。
現場マネージャーとして現場に出られる方も安心してください。教育担当者が優しく丁寧に教えてくれます。
自分はマネージャーなんだから、リーダーなんだからと最初から気負わないでも大丈夫です。
まずは現場の空気をつかんで、仲間たちがどのように働いているか、お客様の様子を感じ取ってください。

<時間=給料じゃ人生損することばかり>

毎朝決まった場所に通勤し、勤務時間という名のもとに拘束され、会社から与えられた仕事をする。
普通の会社員なら至極当たり前、常識です。
労働力を集約し、働くのに必要な資源を会社が用意し、また働いた成果を管理する。
そういった意味では 一か所に人を集めてそこで働いてもらうのがもっとも効率的なのかもしれません。
会社を経営する立場からすれば、労働時間もあらかじめ決めておくことで、管理もしやすいですし、給料計算もしやすいのです。

ただその場合、正社員であれ、契約社員であれ、アルバイトであれ、
ほぼ、働いた時間イコール、給料の額になるでしょう。
結局は時間を切り売りして、お金を稼いでいるにすぎません。

働く立場として、それが満足なことなのかどうなのか。
考えられたことがあるでしょうか。

やるべきことを短時間で終わらせ、
余った時間は趣味や習い事など、自由に時間を使える。
成果を出せばその分、給料が増える。
毎日満員電車に揺られる必要もなく、自宅勤務ができる

そんな夢のような会社員生活、始めてみませんか?

株式会社 KBふたば 代表取締役 城田尚人

otoiawase

お問い合わせ

Copyright(c) 2011 - 2014 Futaba Security Service All Rights Reserved.